親なるもの断崖電子コミック漫画

HOME > 少女コミック > 親なるもの断崖/電子コミックで読める人気の漫画

親なるもの断崖/電子コミックで読める人気の漫画

漫画タイトル/親なるもの断崖

親なるもの断崖の漫画を、電子コミックで読もう!
 
※試し読みのやり方※
1.漫画タイトルをコピーする
2.試し読み のリンクをタップ
3.検索窓に貼り付けて検索!

親なるもの断崖」を立ち読みしよう

親なるもの断崖
↑検索コピペ用↑

電子コミックストア/試し読みはこちらから↓
電子コミック・電子書籍のBookLive
↑無料会員登録が可能↑

親なるもの断崖」の漫画が読める

リンクをタップすると
立ち読み可能な公式サイトページへ移動します

あらすじ

昭和初期、北海道の開拓史を支えたのは男だけではなく、本当の意味で支えたのは女だったのかもしれない。北海道室蘭の幕西遊郭 に青森の田舎から売られた4人の少女。彼女たちは全員未成年であった。彼女たちは4種4様にただただ生きるためにこの過酷な現状を賢さとプライドで生き抜 くのであった。

感想

この漫画の一番のポイントは梅の生き方である。梅は11歳にして遊女として幕西一の売れっ子になる。しかし、彼女は一番男に抱かれているのに、おそらく作中で一番純粋で清らかなのだ。
彼女の年齢は現代ならば小学校5年生か6年生に該当する。でも、彼女はそんなことを感じさせないくらい大人でも考えられないようなことに気付きながらも打開する術が見つからずに淡々と遊郭で働くのだ。
そんな達観した彼女が中島聡一という青年と恋に落ちる点もかなりのオススメの感動ポイントだ。
また、梅と同い年だが不器量なために遊女にすらなれなかった道子のある意味可哀想な境遇にも注目できます。
他の3人は全員美人で松恵と梅の姉妹2人は遊女、武子に至っては遊女より上の芸妓となる。しかし、道子は一生遊女になれないと女将に初日に言い放たれてしまうのだ。
親にも、彼女が不器量だったために大した額で売れなかったと、別れの前に殴られたりなどその過酷な境遇で梅とは違うベクトルで達観し、一般女性なら理解できないような生き方をすることになった。
4人の生き方、すべてがおすすめのポイントですが特に梅と道子は見所です。
4人がそれぞれの生きるテーマを持っているように私は読んでいて感じました。
▽電子コミックサイトに登録しよう!

↓BookLive会員登録はこちら↓
電子コミック・電子書籍のBookLive
↑無料会員登録が可能↑

PAGE TOP